top of page
  • Writer's picture.

パンケーキ

あなたの唇をなぞるようにキスをできなくなったあの日

私はあなたへの恋心というものを失った

愛情はこんなにもあるのに一つ欠けただけで壊れ落ちる

君が振り絞って口にした別れという言葉はあの夜仕切りに降った雨に流された

きっと君は身体の痛みと心の痛みどっちがどっちか分からないほど痛みに苛まれたのだろう

夜が明けると薄気味の悪い湿気った曇り空で

春のような夏のような冬のような

私の気持ちのように季節も混乱していた


季節が流れて君はいつか私を忘れる春が来るのだろう

目を擦りながらコーヒーを淹れてパンケーキを焼く朝が来るのだろう

初めての喧嘩をしたあの日

君は私にパンケーキを作ってくれた

私はもうその味を思い出せない

それは繰り返す季節と朝のせい

恋心を失ったのもきっと繰り返す季節と朝のせい

20 views0 comments

Recent Posts

See All

魔法使い

ちっぽけだと気づき出した時 貴方は足がすくむ 知る事が多すぎると知ってしまった 世界が広いと気づいてしまった 貴方一つの身体では 世界は救えないと知ってしまった そんな貴方 艶やかな肌がくすみ始めて 煌びやかな街が一層引き出すのは 貴方の中に潜む闇 でもね そんな貴方は 誰かの魔法使い 貴方の強さで守れるもの 貴方の優しさで包めるもの 貴方の言葉で誰かが頬を赤らめる そんな貴方 忘れないでと

Tree of unspoken words

If I were to travel to somewhere unknown with no intention to remember where I come from, I would be finding more words along the way. After a thought like this, I always ask myself “Who am I to escap

tonight

The moon is beautiful every night If I do mention, it lights us all day long, all night long Below his head bends over there will be a pile of cigarettes a pile of thoughts with no conclusion He alway

Comments


bottom of page