top of page
  • Writer's picture.

日の出

Updated: Dec 11, 2022



半世紀前に轢かれたレールを歩いていく

時差のある場所からは交わらない道

人の都合に合うようにと計算された時刻表

時計の針が小走りしている


涙が乾かない湿気の強い秋の始まりの日

あなたは留守番電話になった

迷いを感じることのない強弱がない声

朝と夜をつなぐ透明な糸

吐息で簡単に途切れてしまった


身体だけが日を跨いだ朝

霧がかかった記憶を辿る

ちぐはぐに繋ぎ止めた言葉を並べて

机の上においてみた

言葉がパズルのように見えて

私のものではないものになる


明らかに足りないパズルのピース

どこかで置いてきぼりにした記憶のかけら

もう答え合わせはできない

元からなかったのかもしれないけれど

失ったことには変わりがなかった


触れられれば抱きしめられれば

何か変えられたかと思えば

日の出が夕焼けに思えた

心が金縛りに捕まっている間に

夜が明けたらしい


未来は白紙の紙のように綺麗で薄っぺらい

12 views0 comments

Recent Posts

See All

魔法使い

ちっぽけだと気づき出した時 貴方は足がすくむ 知る事が多すぎると知ってしまった 世界が広いと気づいてしまった 貴方一つの身体では 世界は救えないと知ってしまった そんな貴方 艶やかな肌がくすみ始めて 煌びやかな街が一層引き出すのは 貴方の中に潜む闇 でもね そんな貴方は 誰かの魔法使い 貴方の強さで守れるもの 貴方の優しさで包めるもの 貴方の言葉で誰かが頬を赤らめる そんな貴方 忘れないでと

Tree of unspoken words

If I were to travel to somewhere unknown with no intention to remember where I come from, I would be finding more words along the way. After a thought like this, I always ask myself “Who am I to escap

tonight

The moon is beautiful every night If I do mention, it lights us all day long, all night long Below his head bends over there will be a pile of cigarettes a pile of thoughts with no conclusion He alway

Comments


bottom of page