top of page
  • Writer's picture.

July

Updated: Aug 26, 2022

ぐちゃぐちゃに溶けたチョコレート

聞いたことのないワインの名前

蓋の閉まってない歯磨き粉

猫の毛がついたくちゃくちゃのTシャツ


気づくもの全てを拾い上げて噛み締めた

今日も褪せてゆく思い出を託して

涙で思い出を滲ませて水彩画が出来そうだ


力強くも寂しさがこもった声

強がって大切なことを置いてきぼりにした好きという言葉

歌詞のせいにして心に秘めた言葉を

君の食べるフレンチの横に添えてみた


君が見てきた景色は私が見ていた景色とは程遠くて

橋のない川を眺めてため息を吐く

私には触れられない何かを

君はだだっ広い部屋のどこかに隠してる


街の明かりで掻き消された星の数々

見えたかもしれない光の数々

暗い夜にそっぽを向けて部屋の明かりをたよりに

明日また目覚める理由を探して彷徨ってる

時間は優しく残酷で

あたたかさも切なさも全て私から取り上げていくんだ


ぐちゃぐちゃに溶けたチョコレート

君がくれた優しさみたい

形が溶けてなくなっても味は変わらなかった


27 views0 comments

Recent Posts

See All

幸せは蛍の持つ輝きのように儚い 守ろうとする価値もない いつか消えるなら もっとたくさんの蛍を見つけに たくさんの場所に出かけよう 幸せは蛍の持つ輝きのように儚い 1匹1匹生命を輝かせている 生きている証を光らせて そして散っていった 忘れないよ、その小さな命たち 幸せは蛍の持つ輝きのように尊い 目の前の光から目を背けないように 1日で消えるその輝き 消えるからこそ綺麗なこと 忘れないで

Colors

The world with many colors that I wished I have never seen and remembered So that I don’t have to forget the color I’ve loved before It hurts to know that I forgot the colors once they were in my eyes

今日という名前の時間

間違い探しのように 昨日との違いを必死に探しているうちに また今日が終わろうとしている 今日という名前の時間の中で 私は昨日より一歩前へと踏み出せているのか 昨日も聞いた曲をボーッと聞きながら問いかける夜 ふと君の名前が頭に浮かぶ あなたの声でも顔でもなく 私があなたを呼ぶ声が聞こえた あなたはこの暗い夜を寂しさと呼びますか 私はこの暗さを心地よく思えるその日まで 昨日と今日の間違い探しをして過ご

Comments


bottom of page