top of page

Updated: Jul 11, 2023



置いてきぼりにしたその思いやりたち


それは食べきれなかった、昨日の夜ご飯

それは置きみやげ、使いかけのリップバーム

それは散っていった、去年の桜の花


それは置いてきぼりにした思いやりたち

かき集めて言葉にした、不完結な手紙


長く見つめれば見つめるほど

言葉があやとりのように絡まってゆく


それが言葉の美しさというものです。

Updated: Jun 27, 2023


言葉が私を追いかけて

角に追い詰められた私は

透明人間になる

ヘッドフォンに籠り

音楽にのせられた言葉たちが

私自身を波のように連れ去った

右も左も存在しない

殺風景の中心に私は浮かぶ


好奇心は一体どこから湧いてくるのだろう

人は自然に例えると



あなたは滝

わたしは川


時として他者を否定できたものなら

それは

自分を肯定したことになるのだろう


アーティストの友達は私に言った

言葉で表現できないこと

言葉じゃないもので

表現してみるといいよと


色を纏え

夢の中で

紙の上で

髪よ靡け


あなたが口ずさむ

色を纏った言葉が

かんだかく

風のように

通り過ぎた


I don’t complain

I find it beautiful

it makes me cry

for how cloudy my heart feels

with the sky so bright

I’ve tried to complain

how hard I tried to

live the life in the way

for others not to have a doubt

I’ve tried so hard for you to

see me doing me

Cherry blossom cries for me

with the rain on their petals

under this gloomy sky


I don’t complain


what else

do I need more

more to see

more to feel

more to love

more to suffer


What else

do I need more

When the ground I walk on

is tender and welcoming

Tomorrow I step on

those pink petals

on the ground

promise I’ll be

waiting for you

here with

pastel pink cheeks

promise me you’ll

hold my gloomy sky

here with

your tender soil

full of potential

bottom of page