top of page
  • Writer's picture.

When Water Evaporates


明るい場所で目を閉じても

光の中にいるように感じて

少し慣れればその光さえ暗く感じる

明るい場所から暗い場所にいくと

なにも見えないのは少しの間で

少し待てばすべて見えてくる

少し待てば痛みも慣れてくる

疑問も悲しみも悔しさも

時間が経てば蒸発する水のようにどこかに消えて

感覚さえも消えていく

変化がなければ気付かないことばかりで

生まれ持った傷をもつものはきっと痛みを痛みと感じない

慣れてしまっただけのことを強くなったと勘違いして

痛みに向き合わず生きてきただけなのかもしれない

人は他人の痛みを理解できないからこそ

人に優しくできるのかもしれない

全てを自分のものさしで理解出来たことなら

この世界はもっと冷酷な場所だっただろう


_______


She closes her eyes in the bright place

The light stays in her eyes at first

Then, she doesn't feel the light in her eyes anymore


She goes to the dark place from the bright place

She can't see anything at first


Until she gets used to

she gets used to everything


The brightest moments to the darkest moments


She is now dull to all the pain and sadness

all the love she holds

She no longer questions the pain she holds


Just like how water evaporates and disappears


Her heart is blinded without the changes


She no longer defines the pain as pain

She might become ignorant of her own pain

and believe she is stronger than ever before



She is gentle because

She does't feel like you do



This world would be even more cruel place to breathe in

if we weigh the pain and happiness with one kind of scale



45 views0 comments

Recent Posts

See All

July

ぐちゃぐちゃに溶けたチョコレート 聞いたことのないワインの名前 蓋の閉まってない歯磨き粉 猫の毛がついたくちゃくちゃのTシャツ 気づくもの全てを拾い上げて噛み締めた 今日も褪せてゆく思い出を託して 涙で思い出を滲ませて水彩画が出来そうだ 力強くも寂しさがこもった声 強がって大切なことを置いてきぼりにした好きという言葉 歌詞のせいにして心に秘めた言葉を 君の食べるフレンチの横に添えてみた 君が見てき

幸せは蛍の持つ輝きのように儚い 守ろうとする価値もない いつか消えるなら もっとたくさんの蛍を見つけに たくさんの場所に出かけよう 幸せは蛍の持つ輝きのように儚い 1匹1匹生命を輝かせている 生きている証を光らせて そして散っていった 忘れないよ、その小さな命たち 幸せは蛍の持つ輝きのように尊い 目の前の光から目を背けないように 1日で消えるその輝き 消えるからこそ綺麗なこと 忘れないで

Colors

The world with many colors that I wished I have never seen and remembered So that I don’t have to forget the color I’ve loved before It hurts to know that I forgot the colors once they were in my eyes

Comments


bottom of page